ASKAふたたび

ファンだった私が、ファンを辞め、あの事件を切っ掛けに再びファンに戻った、飛鳥ふたたび。 飛鳥さんがメジャーに返り咲く、飛鳥ふたたびです。

フォルダ理論を使って「社会適応力のフォルダ」にアクセスしました

飛鳥さんのフォルダ理論を使って、前回は「理性のフォルダ」を正常化にしてアクセスする、でした。

結果、お弁当を買いに行けたり、昔の様にきつい言葉で娘に言ったりと、良い変化があったとの報告でした。

 

次に「社会適応力のフォルダ」を正常化にしてアクセスしました。

 

すると、ボケる前の様にメモを取ってる!と娘さんから電話がありました。

あまりに嬉しくて電話したそうです。

 

確実に改善がみられるようになってます。

このフォルダ理論、一般のクライアントさんにも使ってみようと思っています。

認知症もですが、アスペルガーやらADHDの方など色々と多くなってます。

 

今朝のテレビで途中からでしたが、42歳で認知症になった男性の事が出ていました。

以前は優秀な車の整備士だったようですが、今は車のクリーニングをしているようです。

例えばボディを綺麗にする。1種類の事だけをする。

それ以上の事はわからなくなるとか。

会話は普通に出来ていました。

ただ分からなくなるそうです。

 

もう一人女性が出ていました。

多分50代。

一人で食べる事が出来ないようです。

器の持ち方や箸などが使えなくなるので、お嬢さんに食べさせてもらっていました。

会話は普通に出来ていたので、一見認知症とはわかりません。

こんなタイプが増えているのでしょうか?

 

とても親思いのお嬢さんが同居されているので良いですが、医者の話では悪くなるスピードが速いとか。

お嬢さんの未来が辛いものにならなければ良いですが。

 

アスペルガーADHDの方には打つ手を持っていますが、こういう認知症のタイプはどうなんでしょうか?

 

細胞膜と油の関係もあるような気がします。

 

フォルダ理論、更に検証は続きます。

 

 

「理性のフォルダを正常化しアクセスする」を遠隔した結果

飛鳥さんのブログをヒントに「「理性のフォルダを正常化しアクセスする」の遠隔を10月2日の夜に行いました。

そして1週間後の本日、娘さん(50代)がお母さん(80代)を連れてやってこられました。

本日のお約束は、娘さんに対して「EFT感情解放テクニック」を行い、ストレスを解消するので、お母さんは家で待っていて頂くと言う事でした。

しかし、どうもこの1週間落ち着きが無くなって心配なので、今日連れて来たと。

 

こちらで調べた感じでは改善の方向に来ているので、お母さんの認知症になる前の性格を訊ねると、チャカチャカと動くタイプだったとか。

という事は、落ち着きが無いと見えているが、以前の状態に戻りつつあるのでは?と言う質問に、娘さんは「そうかも!」と前に近づいている事を認めました。

 

認知症になってから、自分の言う事を聞いて大人しくなっていたので、今回の状態が悪くなった?と心配になったそうですが、内心『良くなっている?』と思う事もあったとか。

 

それから3日前、娘さんが切れてワーッと物を玄関に落としたら、お母さんが捨てないで集めていたゴミの様な物を「こんなにゴミが」と言って捨てて、きれいに掃除をしたそうです。認知症になってから片づけなどは出来なくなっていたので驚いたとか。

家が綺麗になったので良かったと。

お味噌汁を作ろうとしてたとか。

水の中に小松菜を入れて茹でただけだったそうですが、作ろうとしたので改善ですね。

 

そんな話をしていたら、娘さんも、落ち着きが無くなっていたのではなく、以前の状態に戻って行ってるし、色々良くなっていってたと気づいて、安心したと言ってました。

 

大人しくしていた状態から、動き回るお母さんを見て心配になったけれど、よく考えたら以前の状態に戻りつつあるとか。

最近は、認知症になる前のお母さんの口癖の、きつい言葉が出るとか。

 

いつも娘さんが仕事から帰る頃、駅に迎えに来てくれるそうですが、最近は逆算して時間を考える事が出来るようになったそうです。(凄い!)

 

こちらもお母さんと会話したら、以前は何か訊ねると、モジモジして返事が単語だけだったのですが、今回は返事がスムーズで、言葉も長く話せるようになっており、やはり良くなっていると思いました。

 

という事で、今夜再度「「理性のフォルダを正常化しアクセスする」の遠隔を行う事になりました。

脳は直ぐに反応していますので、もしかしたらもう少し設定の言葉を練り直す必要があるのかも知れません。それにしても快挙です。

この方が元に戻ったら、もっと大勢の方々が助かることになります。

アスペルガーADHDの方々も来られているので、フォルダの考え方を使って更に扉を開けるようになりそうな予感がします。

楽しみ!

 

天才!

飛鳥さんって天才だと思います。

音楽はもとより、医学にも、あらゆる便利グッズにも、天才的なひらめき(?)がありますよね。

 

魂の分野、神の分野、細胞、脳と最近はご自分の意見を発表し始めていますが、これに関しては誰でも受け入れられるものでもなく、だけど飛鳥さんが言われていることはほぼ理解できます。

ほぼと言ってるのは、ご本人と話せるわけでもなく、私の理解が正しいのか?確認が取れてないからですが、この分野の本もかなり読まれているのだと分かってます。

 

私の仕事は、その分野を実践しているので、人によっては誤解されているでしょうし、理解していない方にくどくど説明をするつもりもないし、理解できている範囲で良いですよ~っとただ思っています。

 

人により時期があります。

この分野に興味を持つ時期が。

誤解したままこの世を去ってしまう方々も居ますが、少しでもご縁が持てれば幸いです。

 

細胞の事を書かれていました。

フォルダの事も。

私は細胞にはアクセスしていましたが、このフォルダと言う思い付きは有りませんでした。

このフォルダ、つまり「理性のフォルダ」に今夜アクセスしてみる予定です。

 

私のクライアントさんに認知症が出始めている方がいて、その娘さんからその改善を頼まれています。

現在の変化は、歩くのが早くなった。

姿勢が良くなった。

受け答えがハッキリしてきている。

など。

これは「生体神経ネットワークと脳神経ネットワークを活性化し調和する」と言うエネルギーセッションで効果を出しています。

 

今夜は「理性のフォルダを正常化しアクセスする」という遠隔を行ってみます。

娘さんが来られるのが9日なので、変化は教えてもらえますし、14日にはご本人に会えますから、どんな変化があるのか?無いのか?楽しみです。

ハッカーは今は収まっています

ハッカー撃退の専門の方にお願いして、今は攻撃も収まっています。

最初の攻撃より更に高度になっていたそうで、その方も驚いていました。

通常だと短期間に攻撃が続く事は無いそうなので、何か目的があるのかも知れませんね。

私自身は全く対処のツールがありませんので、この方にお願いして、年間契約をすることにしました。

余計な出費ではありますが、不安が消える分安いものだと思ってます。

 

毎日この恐怖にさらされている(飛鳥さんにとってはストレスだけで、恐怖では無いでしょうけど)飛鳥さんは、神経をすり減らしているのでしょうね。

今となっては少しですが、気持ちが分かります。

しつこくハッカーされているのは何故?

こんなコメントを飛鳥さんのブログに入れたくないから此処で書くのだけれど、またハッカーされた。

HPが見られない。

昨夜かららしい。

先ほど私が気づいたけれど、スタッフは昨日から気づいたのに私に教えてなかった!

それがかなり腹立つ!

何をノンビリシテいるのだろう?

HPが動かないという事は、仕事ができないという事なのに・・。

仕事ができないという事は、自分たちの給料の元が出来ないという事なのに・・。

 

修復作業してくれている人に先ほど連絡を入れた。

こんなにしつこくやられているのは???と言う反応。

前より高度なやり方で来ているらしい。

ハッカーが失敗したという事は自分たちの恥になるから、しつこくやってくる?

 

これって飛鳥さんがやられている集団じゃないだろうか?

味方している人は全員敵!みたいな感覚?

 

HPを管理している人は4人の集団だと言ってた。

それに加勢している世界中のハッカーがいるとかで、それは外から入れないようにしたと聞いていたけれど、どうなっているのだろう?

 

修復作業の人は一人だし、太刀打ちできないと困るね。

飛鳥さんは一人で立ち向かっているけれど、私は立ち向かう能力が無いし、ただ人を雇ってお願いするしかない。

こんな庶民にターゲットを振らないで欲しいけど、何故?私を狙う? 

とうとうHPが見られなくなった!

飛鳥さんじゃないけれど、一般庶民のHPを壊して楽しんでいる集団が居るようです。

今年の4月に沢山のファイルがHPに入れられていると言うプロバイダーの情報で、もっとセキュリティがしっかりしているからというHP作成者の勧めで、プロバイダーを変えたのに、またやられているし・・。

その際、移動するのにまた最初から作り直しをしたと言う事で、かなりの金額を払っているのに・・。

 

何だか信用できなくなっているので、HPが復活しなかったら、別の作成者を探して作ってもらう事にしました。

 

今請け負っている仕事人(HPを復活してくれる会社)が成功すればそのまま維持しますけど、失敗したら別の人に作り直してもらう事にします。

 

壊している人たちは何を得ようとしてやっているのでしょうかね?

直している人たちの仕事を作ってあげてるの?

さっぱりわかりませんけど・・。

 

飛鳥さんのように自力で直せたら良いのになぁ。

ハッカー集団に攻撃を受けているらしい

と、他人事のように書いてますが、私にはチンプンカンプンだからです。

HPを作ってくれたプロの方が、何度削除しても自動作成されるので、自分では手が打てないと言ってきました。

明日その方と電話で相談しますが、どうするのでしょうかね?

実は昨年にもかなりの数のファイルがHPに入れられたと言うので、プロバイダーを替えた経過があるのに、またですからね。

プロバイダーを替えたと言っても、作り替える為にかなりの金額が必要でした。

それなのに、これだから、どうしたらよいものか。

 

飛鳥さんの事書いてたのを読んで、こいつも!と狙ったのかな?

ド素人相手に、辞めて欲しいですけど。