読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASKAふたたび

ファンだった私が、ファンを辞め、あの事件を切っ掛けに再びファンに戻った、飛鳥ふたたび。 飛鳥さんがメジャーに返り咲く、飛鳥ふたたびです。

飛鳥さんの黒歴史も併せ吞んでファンでいること

飛鳥さんが音楽雑誌のインタビューを受けた事がブログに書かれていました。

ファンの方々は音楽だけで良いとの反応が多かったと思います。

私は飛鳥さんがそれも合わせて、自分の事を理解してもらいたいと願っているように感じました。

 

私は元々週刊誌に書かれていたことは鵜呑みにしていません。

実は詳しくは読んでいませんが、薬で女性とのどろどろの生活みたいな・・。

でも、ブログでその辺りの事が書かれていたので、それが真実だろうと思いました。

面白おかしく偏見に満ちた描写が多かったのでしょうが、私的にはそんなことはブログを読んで納得したので、どうでもよいです。

 

飛鳥さんがその黒歴史を併せて飛鳥さんと言うのなら、私は黒も白も合わせて飛鳥さんのファンだから、インタビューで話したければそれで良いと思います。

その黒歴史があっての今ですから。

今の飛鳥さんにとても魅力を感じているので、黒があろうと私にとってもどうでもよい事です。

 

その黒歴史があって、苦難を体験しての今の飛鳥さんです。

素適だと思いますよ。

無かったことにしなくても良いと思います。

信じるとか信じないとか書いてるファンたちがいますが、信じているに決まっているではないですか!

 

以前ファンから離れている時に彼が嘘をついたのかも知れませんが、それは私にはどうでもよい事。

ブログでその辺の事書いてあって、納得できましたから。

 

この歌がある限り、飛鳥さんの事が大好きで居られるので、もう離れる事は無いでしょうね。ジャズとかやり出したら逃げ出すかもしれませんが、今の路線で続けてくださいね。


ASKA - 着地点